閉じる
閉じる
閉じる
  1. お肌の治療法~毛穴の黒ずみ、シミ~
  2. シミを皮膚科、美容外科で取るときの費用はいくら?
  3. シミに効く美白サプリ(飲み薬)の選び方!
  4. シミの原因を知る!~シミの発生メカニズム~
  5. Hello world!
閉じる

シミ

Just another WordPress site

シミが出来てしまううっかり習慣と出来てしまったシミを消す三つの方法

あなたは基礎化粧だけのヌードな肌で晴れの日はテラス席でランチを食べたりしていませんか?

日差しが強くなる時期に日焼け止めを塗っている友人を尻目にナチュラルな肌質、体質を過信してUVケアを怠ってはいませんか?

このうっかり習慣が積み重なって

あなたのみずみずしく、自然な立体感の肌キャピタルが失われる事になるのです!

 

肌キャピタルを奪ううっかり習慣

  • ベタベタ感が嫌いなので曇りの日、短時間の外出では日焼け止めは塗らない。
  • オフィスワークは解放感のある窓辺で。
  • 忙しい朝や家事はすっぴんのナチュラルな状態でやる。
  • 日陰と帽子で直接的な紫外線は受けていないのでOK。
  • 通勤は車で30分以上かかる。
  • 日焼け止めの塗り直しのタイミングが分からないので、塗り直しはしない。

 

当てはまる項目はあったでしょうか?当てはまる人に不思議な事に複数項目当てはまってしまったのではないでしょうか。

その原因は

忙しい女性は時間との天秤によって、ご自分の体質、肌質に自信がある人はその自身によってこのうっかり習慣を築いてしまう傾向があるようです。

 

シミはあなたの魅力的な肌をどう変えるのでしょうか?

  • シミ、そばかすがある事で老けて見える。
  • シミがなければ美人なのに残念といわれてしまう。
  • 大きなシミ部分によっては不健康に見えて印象が「不健康」「内向的」に見える。

どうでしょうか?

喜んで受け入れる事柄がたくさんあったという人はいないのではないですか。海外のいくつかの国ではシミやくすみ、そばかすは日に当たるバカンスの時間があるので「富」「金銭的な余裕」を意味しており、チャーミングな物の象徴となりますが日本ではなかなかそうは見られませんね。その時はシミにならず消えてしまう事もあります。ぜひとも未来の為に油断せず共に時を重ね洗練された肌を作っていて頂いて、大切に周囲から扱ってもらってワクワクする日々を過ごすために対策、メカニズムを理解していきましょう!メカニズムについては「シミの原因を知る!~シミの発生メカニズム~

で詳しく説明しています。

 

しかし他にもシミをつくる原因はあります。

紫外線対策をあんなにしたのに…。上の記事を読んで頂けた高感度なあなたにはそのようなショックをうけてもらいたくないのでその他のシミの原因もCHECKしていきましょう!

既に御存じかとは思いますがシミの原因となるメラニンは、メラノサイトと呼ばれる色素細胞が刺激を受けることで精製されます。

もちろんこのメラノサイトを刺激する物が紫外線ですがこれを刺激してしまうきっかけがまだあるのです。

  1. ホルモンバランス
  2. 肌の炎症
  3. 活性酸素

まったくシミ、そばかすとは関連がなさそうな事柄ですね。原因を具体的に掘り下げて行きましょう。

 

  1. ホルモンバランス

ホルモンバランスの乱れでシミができてしまうなんて、ただでさえこの乱れによって体調の不調に悩んでいる女性は多いのでとてもお伝えしづらい項目です。

まず、ホルモンバランスが乱れてしまうとターンオーバーを狂わせてしまう原因になります。つまり、出来てしまったメラニンを肌の中にとどめてしまうことに繋がります。

また、ホルモンバランスが乱れると脳下垂体からメラノサイトを刺激するホルモンが分泌されます。
すると、肌に直接刺激を与えたわけじゃないのにシミが出来るきっかけを与えてしまう事になるのです。ほとんど紫外線と同じメカニズムによるメラニン生成を行ってしまうのです。紫外線によるメラニン生成は目的が肌の防御なのに比べると納得はいきませんよね。

このホルモンバランスの乱れのサインは

日頃から生理不順、強い生理痛、不正出血、PMS(月経前症候群)、自律神経失調症、更年期障害、また顎に大人ニキビができやすい人は特に注意が必要です。

 

 2.肌の炎症

アトピーの私は顔や足や手の関節部を思わず掻いてしまうのですが。これは調べてみるとアトピーの人は掻いてしまう部位でのようですね。

近くにアトピーの人がおられる人には思いだしてほしいのですが。その部位が黒く色素沈着している人が多くみられたかと思います。またはやけどによる皮膚刺激が加齢によってシミとなって表面化する。この原因と摩擦が肌に悪いと言われる理由は同じです!

 

炎症が起こると肌の中に炎症性「サイトカイン」という免疫システムの細胞から分泌されるタンパク質で、標的細胞は特定されない情報伝達物質が作られます。これによって何が起きるのかというとメラニンを作りなさいという情報が伝達され、残念なことにシミの原因となります。
この指令を受け取ったメラノサイトは肌の細胞を守るために、炎症がおさまるまで黒色メラニンを作り続けていきます。恐ろしい事ですね。

 

 3.活性酸素

少し前の水素水との兼ね合いや活性酸素こそが老いの原因という話題が世間をにぎわせているので名前を聞いたことある人も少なくはないのでしょうか?

活性酸素は本来、体の中に入ってきた細菌やウイルスを攻撃する必要不可欠な物質です。
私達は誰でも呼吸をしているだけで活性酸素は発生し、それによって体を守るなんて本当に良くできた免疫システムの1つなのです。

 

しかしこのシステムの悪い所は、異物だけでなく増えすぎた活性酸素は正常な細胞まで攻撃してくるのです。
するとメラノサイトはメラニンの材料になるチロシナーゼを生成&活性化させてしまうのです。
活性酸素はメラニンをできやすくするだけでなく、たるみやシワや様々な病気の原因にもなるのでさらなる注意が必要です!

 

まとめます!

つまりシミの原因はメラニンが作られる事で、それには次の2つの原因があります。

  1. メラノサイトの刺激
  2. サイトカイニンという物質の働き

では出来てしまったシミをどうしたら良いか?

 

出来てしまったシミを消す三つの方法

忙しく頑張っているあなたはお風呂上りにすっぴんでリラックスして鏡の前で座っています。毎日見ているはずの鏡の中のあなたの顔のわずかな変化。シミ。これは同じ習慣を続けると大きくもしくは濃くなってしまいます。これをケアしましょう!以下の方法の他にも治療法についての記事がありますのでご覧ください!お肌の治療法~毛穴の黒ずみ、シミ~

あなたには消したいシミへはどのような対策法は効果的、効率的なのでしょうか?よく知られる美白専用クリームや馬油などのスキンケアアイテムにはどれほどの効果があるのでしょうか?

 1.まずは保湿!

シミ対策に保湿が基礎である大きな理由は「角質層の潤いは肌のバリア機能を担っている」という事です。適度な潤いがある肌は紫外線などの外的ダメージからしっかりと守ってくれ、プルプルとハリがあります。
これとは逆に乾燥したスポンジ状態の肌では、紫外線へのバリア機能が働かずに、そのまま肌の深くまでダメージを受けやすくなります。ニキビは悪化しやすく、ニキビ跡が沈着してシミとなってしまうリスクもあります。乾燥した皮膚では、ターンオーバーは遅れがちです。この結果、シミができやすくなるだけでなく、おまけに肌の透明感はなくなり、硬い肌には美容成分を塗っても肌内部まで浸透しにくくなってしまいます!

 2. 塗って効果的なクリーム

これには二つ紹介させて頂きます。まずは馬油。そしてハイドロキノン配合のクリームになります。馬油は肌の深部まで浸透し、保湿、ターンオーバーを促します!次にハイドロキノン入りのクリームです。ハイドロキノンは厚生労働省から認可を得た美白成分であり、シミや色素沈着などの除去を期待できます。「皮膚の漂白剤」と呼ばれています!

日本では医療業界に詳しい人やモデルの業界で知っている人がいる程度ですが、アメリカでは一般的な美白成分として40年間使用されています!

 3.食べ物での対策

端的に言うなら美白効果があると言われるビタミンが入ったものが良いとされています。ビタミンと言っても何種類か種類がありますので、シミ消しの為にオススメなのはビタミンCやEです!

食べ物のほかに、美白サプリというものでビタミンCなどの美白成分が簡単に取れます!詳細はこちらからどうぞ!

シミに効く美白サプリ(飲み薬)の選び方!

 

この3つはもちろんそれぞれ単独でも効果があるものですが、より効果的かつ効率的なのは同時に行うことです。そのことでシナジー効果が得られ得られる効果は何倍も違うでしょう!

この3つの対策でも消えない場合は、皮膚科や美容外科に相談してみましょう。詳細はこちらです!シミを皮膚科、美容外科で取るときの費用はいくら?

 

最後に美しい肌の表現の中には

「陶器のような白い肌」「シミくすみ1つない肌」があり、また小説の中のヒロインのディティールの魅力を表現するのにも「シミ」のなさが1つの要素として語られます。 

ことわざの中には「色の白いは七難隠す」それ以外を補うほどの要素を持つと表現されるほどです!

是非未来の為に上の記事で正しい知識と、洗練された習慣を確立させてください!

ページ上部へ戻る